nantekkotai's blog

おもに技術とお仕事に関連することを書いています。

雑記

「知ってる」と「できる」の差を図にしてみる

こんな感じじゃないかと思います。 まだできないけど知ってるという状態では「ゴールは目前」と思い込んでしまうから危ない。 本とか読んで「あーはいはい楽勝ですね」などと思っていざ実装しようとすると、肝心のところ以外の場所で嵌まりまくりでなかなか…

はてなブログに移行しました

最近まったく更新されていなかったはてなダイアリーをこちらのブログにインポートしました。 というわけで技術系ブログもこれ一本に整理されたということで。 それにしても久しぶりにはてなブログを開いてみたらMarkdownに対応してました。 画面切り替えも非…

こちらのブログを技術系ブログにする予定

はてなブログを久しぶりに触ったら、機能も充実し始めていることなので、そろそろはてなダイアリーからの移行を見越してこちらで技術に関することを書いていこうと思います。 最近まったく書いてなかったし。それからアドセンスは一旦外しました。テーマの変…

Apple DeveloperはiOSとMacのふたつに分かれている

初めて知った。 https://developer.apple.com/jp/programs/iOSの方はジャイルブレイクしない限り、必ずAppStoreを経由しないから必須。 でもMacアプリはAppStore以外からも配布することが出来る。 とりあえず作って動かすだけなら、developerプログラムに登…

ブログを書くことは排便に似ている

排便されたウンコを見て「生産物」と思う人は居ないだろう。 ブログもそれと同じである。ブログを書いたくらいでやりきったと思うのは大きな間違いだし、仮にそう思ってしまうのであればかなりヤバイ。 ブログに価値がない訳ではないが、本質的に、生産物と…

自分の言葉で語るということ

茂木健一郎と波頭亮という人の対談っぽい本で『突き抜ける人材』というのを読む。 自分の意見を、自分の言葉で主張するということ。 誰かの意見を参考にせず、自分の感性で「あれがいい」と言えること。 そして批判的精神を働かせること。 プリンシプルとい…

仕事はサボらないと成果を残せない

一番大事な仕事は、新しい「何か」を生み出すことだ。 何かが職種によって異なるが、例えば自分だと、新しいコード、新しいサービス、アプリ、ユーザーインターフェイス、インタラクション・・・などなどといったところだ。 「何か」は成果物である。それが…

いつかプログラミングという仕事も消えてなくなるのかもしれない

写植がかつてすごく稼げる仕事だったけれど、デジタル化の波であっという間に仕事がなくなったという話を知って、実は今のソフトウェアエンジニアも同じようなものなのではないかという考えが浮かんだ。写植はアメリカンドリームだったのか? - たけうちとお…

スターターを増やそう。

スタートアップだと企業的な話になるので、個人でも始められるというところで、あまり気張らずスターターと、このブログでは呼ぶ。この言葉は37signalsが書いた「小さなチーム、大きな仕事」に書かれていることに触発されたものだ。気取らず、実態に即した言…