nantekkotai achieves

過去書いたものの集積所。この場所が更新されることはない。

なんのためにブログを書くのだろうか

個人メディアとか、誰かに読まれることを期待したりとか、パーソナルブランディングとか、サロンとか、脱社畜とか、そんなことはどうでもよくて、ただ自分の考えや声を、誰かが読める場所にそっと置いておきたいだけなんだと思う。

余計なことを考えず、ただその日にあったこと、思いついたことを書き留めるだけでも意味はある。誰のためにならなくても、やがて何もかも忘れ去られてしまう頃合いに、自分自身を振り返る機会として、最低限の価値がある。

一番大きい価値は書き上げて、投稿ボタンを押した時だろう。書いた苦労はその時すでに報われているのではないだろうか。その後の反応なんて本当のところはどうでもよくて、ただ書いて、書いて、忘れられることが嬉しいのではないだろうか。

いまの自分に自信を持ってあれやこれやと語る技能も知識もない。何もかも中途半端に思える。それでも生きているし、日々感じることに関しては書き残せる。私にできるのはこれくらい。ささやかなチラシの落書きを紙飛行機にして飛ばしているみたいだ。たくさん書く頃には、裏の公園は私の書いたゴミの紙飛行機で埋もれているに違いない。

あまり深く考えないことにした。ただその日あったことを書き綴るだけでも価値があると思うから。